ブログBlog

フードミキサーとは?家庭用・業務用の違い

2019.09.18




業務用の厨房機器として欠かせないものの一つに「フードミキサー」があります。

種類の多い機器の中で何を揃えるべきか悩んでいるあなたにフードミキサーについてご説明いたします。


■フードミキサーとは

フードミキサーは、固形になっている食材をドロドロの液状に戻したり粉末にして混ぜ合わせるものです。

基本的には液体と混ぜることを得意としているマシンです。そのためジュースやスムージーなどを作る人にもおすすめします。

家庭用のものに関しては、1952年に松下電器産業が発売してから日本の家庭を中心に普及しました。

大きなガラス容器の底に刃物がついていて、モーターと連動しながら細かく砕いていきます。

業務用のものは家庭用に比べて一度にたくさんの量をミキサーにかけることができ、力も強いので氷を入れても問題なく使用できます。

手で混ぜ合わせるように食材を混合させる為にも使えます。

業務用のフードミキサーは、食品加工工場や農産物加工所・学校給食などさまざまなところで活躍しています。

1回辺り7kg~10kg程度の食材をフードミキサーにかけることもできます。

ちなみにミキサーとブレンダーは全く同じ機能を持ってるマシンですが、日本語ではミキサ-、海外ではブレンダーと呼びます。



フードミキサー、業務用厨房機器のことでお困りの際には株式会社OFMまでお気軽にご相談ください。

お客様の事業形態に合わせた最適な厨房機器をご提案いたします。


会社概要About Us

社名
株式会社沖縄フードマシン
住所
〒904-0305 沖縄県中頭郡読谷村字都屋451番地
TEL
098-921-5707
FAX
098-921-5708