ブログBlog

飲食店の開業資金はいくら必要?

2019.07.03



開業資金は、いったいいくら必要なのでしょうか。 

飲食店の種類や立地、内外装をどこまでこだわるかにもよりますが、だいたい300万円~1500万円くらいになることが多いです。 開業するときに困らないよう、事前に必要な金額を確認しておきましょう。

新規開業かかる費用としては、大きく分けると以下の4つのようになります。


物件取得費

保証金・敷金、仲介手数料、前家賃、造作譲渡料(居抜きの場合)などです。保証金・敷金は、月額賃料の6ヶ月~10ヶ月分が相場です。

例えば、店舗の月額賃料が20万円の場合、200万円ほど用意する必要があります。


内装工事費

スケルトン物件か、居抜き物件かによって変わってきます。

居抜きの場合は、厨房機器や内外装はそのまま使えることもありますが、お店の種類や業態、店舗物件などによって大きく変わってくるでしょう。


厨房機器・備品代

冷蔵庫、ガスコンロ、レンジ・オーブンなどの加熱機器。フライパン、鍋、包丁などの調理器具。皿、箸、グラスなどの食器類。

飲食の種類によって異なりますが、結構な金額になることもあります。

すべて新品で揃えるのは大変なので、中古機器も考えるといいでしょう。


開業後の運転資金

こちらも大事な費用の一つです。経費内訳は、家賃・人件費・食材費・光熱費・通信費などで、運転資金は、3~6ヶ月分は欲しいところです。

開業後しばらくは、客数がわからないので、収益の見通しが立てにくいうえ、仕入れや、従業員の給料、自身の生活費などで出費はかさみます。

そのため運転資金は、できるだけ多く用意していたほうがよいでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。そのほかにも、開業時には想定外の出費がつきものです。300万円であれば自己資金で用意できる人もいますが、1,500万の自己資金を集めるのはなかなか難しい部分もあります。

もし自己資金だけで賄えない場合は、創業融資などで資金調達なども頭に入れて準備を進めていくといいでしょう。


◯沖縄振興開発金融公庫

◯沖縄県の融資制度


株式会社沖縄フードマシンでは、新規の飲食店開業をフルサポートいたします。

開業・融資・補助金相談から店舗オープン後もずっとお力になります!

沖縄県での飲食店開業なら、沖縄フードマシンまでお気軽にご相談ください。


会社概要About Us

社名
株式会社沖縄フードマシン
住所
〒904-0305 沖縄県中頭郡読谷村字都屋451番地
TEL
098-921-5707
FAX
098-921-5708